FC2ブログ

Post

Prev   

8月の御調教3

私事ですがこの頃、色々と身辺がごたついており、精神的に病んでおりました。
それを取り除いて頂きたく、急遽この日S様の下に尋ねたのです。

S様の下に伺うまでに「ちくびの頬にビンタを、S様の乳首を弄りまくって、ちくびの身体にS様の爪痕を刻んで下さい」とお願いしていました。

S様と出会うまで、ちくびは私生活に支障をきたすので事前に『痕は残さないで下さい』とそれまでは伝えていたのですが、S様に出会ってからというものS様に痕を付けてもらいたくて付けてもらいたくて、堪らないのです。
S様に刻まれる爪痕や鞭の痕が喜びに変わったのです。

「お前、今日はビンタされて、身体にSさんの爪の痕欲しいのよね」とS様。
「はい、S様の爪痕をこの身体に刻んで下さい、乳首のピアスも大きなものにしたので、ヒールの先に引っ掛けて愉しんで下さい」
S様が乳首を見遣りニヤリとしながら「アッ!ホント、これならヒールの先入りそう」
「はい、どうぞ愉しんで下さい」とちくび。
笑みを浮かべながらS様が御御足を伸ばし、乳首のピアスにヒールの先端を入れます。
「アッ入った!入ったよ、ちくび、
そして、御御足をS様の方へ近付けて乳首を引っ張りながら
「これしたかったんよね~、どうよ、ちくび?」
ちくびは嬉しさのあまり「ア~ン嬉しいですS様、ア~ン!」
「嬉しいの、変態、変態ちくび、ん、ここ大きくしろって誰も言ってないのに勝手に大きくして、ん?」
愚息が大きく硬くなり、乳首を引っ張られる度にピクピクします。

今度は、両方の乳首を指でグリグリされながら引っ張られます。
気持ちいいんです乳首が…、そして愚息が………!

「このMy乳首もっと大きくしないとね」と言いながら、バッグから吸引器を取り出し、両方の乳首に吸引器を装着してくれます。


これ、かなりの吸引力なのです。吸引器に収まっている部分にとても圧力を感じます。乳首も心無しか、吸引され大きくなっているように見えます。

そしてこの状態で、S様から左の頬にビンタを何発も頂いたのです。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

Trackback